クレイヴ神楽坂

物件紹介

新築高級分譲マンションの“クレイヴ神楽坂”(東京都新宿区矢来町110-11)が建つ矢来町の町名の由来は、若狭小浜藩主・酒井讃岐守が、1628年(寛永5年)三代将軍家光から牛込に下屋敷を貰い受け、周囲の土手を竹矢来で囲んでいたためとされ、この酒井邸の竹矢来は江戸名物の1つに数えられていました。

マンション冠名の神楽坂は、新宿区北東部のエリア名で、坂上の毘沙門天の門前町として発達し、付近には筑土八幡などの社寺が多く,地名の由来も祭礼のときに御輿で神楽を奏したことによります。

【建物外観】は、シンプルかつスタイリッシュで落ち着きのあるモノトーンのシンプルな色合いのデザインの鉄筋コンクリート造りの地上9階建ての全8戸で、間取りが 1LDKでシングル・ユーザーから小家族のファミリーユーザー向けのルーム・タイプを用意し、デザイン性、機能性に優れた仕様でシーンにあわせた洗礼された空間で快適な都心生活を約束します。

【建物設備】の[セキュリティ関係]では、エントランスで自動的にドアをロックし訪問者が来た時に室内で応答後にロック解除する「オートロック」に、犯罪を防ぐために建物の共用部に設置された「防犯カメラ」/[共用部設備]として、建物の外部壁面部分に張り出した手すりつきのスペースの「バルコニー」、生活の足となる二輪車を駐車・保管するためのスペースの「駐輪場」/不在時でも確実に宅配物の受け取りができて便利な「宅配ボックス」/安心と快適を安全に運ぶ「エレベーター」/[その他の建物設備]として、入居者用のゴミ置き場で、24時間対応の「敷地内ゴミ置き場」、衛星放送をもっと楽しめる放送設備の「BSとCSのデジタル衛星放送に対応」し、高級マンションと呼ぶに相応しい施設の数々が上質な暮らしを約束します。

【室内設備】の[セキュリティ関係]では、目で見て安心安全を確認できる「TVモニター付きインターホン」、/[キッチン関係]として、収納戸棚や調理台にガス台、流し台などを組み合わせた「システムキッチン」に、ガスを使って加熱する調理器具の「ガスコンロ」/[サニタリー関係(洗面所・バス・トイレ)]として、冷めてしまった湯を温め直す機能が付いた「追い焚き機能付きバス」、浴室内に干した衣類を乾かせる機能が付いた浴室の「浴室乾燥機」、衛生的で快適に使える腰掛け便器の「温水洗浄便座付トイレ」/[その他室内設備]として、オールシーズン快適に過ごせる空調機器の「エアコン」、木質仕上げの床材を使用した「フローリング」の採用、玄関に設置された靴を収納する「シューズボックス」、収容力に優れて便利に収納し活用できる「クローゼット」などと室内では、毎日の生活に嬉しい機能的な設備も魅力です。

【交通アクセス】は、東京メトロ東西線の「神楽坂駅」から徒歩にて1分、都営大江戸線の「牛込神楽坂駅」から徒歩にて10分、東京メトロ有楽町線の「江戸川橋駅」から徒歩にて9分、都営大江戸線の「牛込柳町駅」から徒歩にて15分、と徒歩にて複数の駅・複数の路線を利用でき、都内の主要駅へのアクセス性が良く通勤・通学・買物など生活の足としての利便性に優れた好位置にありますが、このあたりは、道幅が狭く大通りに面している道ほど人一人歩くのがやっとな状況です。

【周辺環境】は、スーパーの「業務スーパー」 新宿榎店まで徒歩にて約5分、コンビニの「セブンイレブン」新宿神楽坂駅西店まで徒歩にて約1分、ドラッグストアの「中川薬局」神楽坂店まで徒歩にて約1分など、周辺に商業施設が充実し、食料品・日用品など日々のお買い物等に困ることのない住環境になっています。

 

基本概要

物件住所: 新宿区矢来町110-11

総戸数: 8戸

交通: 東京メトロ東西線 『神楽坂駅』 徒歩1分
    都営大江戸線 『牛込神楽坂駅』 徒歩10分
    東京メトロ有楽町線 『江戸川橋駅』 徒歩9分
    都営大江戸線 『牛込柳町駅』 徒歩15分

建物構造: RC造(鉄筋コンクリート)

建物階層: 地上9階

築年月: 2019年03月


クレイヴ神楽坂

株式会社ModernStandard
宅地建物取引業免許番号:東京都知事(2)91130号
営業時間:10:00~19:00

【青山店】
住所:東京都港区南青山4-9-1 シンプル青山ビル2F
アクセス:東京メトロ「外苑前」1a出口から徒歩6分
フリーダイヤル:0120-9977-96

【銀座店】
住所:東京都中央区銀座2-11-2 銀座2112ビル7F
アクセス:東京メトロ「銀座一丁目」11番出口から徒歩1分
フリーダイヤル:0120-199-166

【新宿店】
住所:東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル3F
アクセス:東京メトロ・都営地下鉄「新宿三丁目」C1出口から徒歩2分
フリーダイヤル:0120-133-955


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.