カーサスプレンディッド虎ノ門新橋2

物件紹介

新築高級賃貸マンションの“カーサスプレンディッド虎ノ門新橋2”(東京都 港区新橋5-31-5)が建つ「新橋」とは、狭くは現在の新橋一丁目から新橋六丁目のエリアを指し、広くには隣接する汐留(港区東新橋)・旧木挽町(中央区銀座の東部)にまたがるエリア全体を指すことがあり、新橋演舞場や新橋芸者・新橋の料亭街などという場合はすべてこの広い意味の「新橋」に当たります。  

【建物外観】は、上質な暮らしを予感させる洗練されたスタイリッシュな外観の鉄筋コンクリート造りの地上15階建ての全39戸で、間取りが 1Kを核として1LDKまで対応する幅広いルーム・タイプを用意し、快適な都心生活をサポートします。

【建物設備】の[セキュリティ関係]では、エントランスを自動的にロックし訪問者が来た時に室内で応答後にロック解除する「オートロック」に、犯罪を防ぐために建物の共用部に設置された「防犯カメラ」/[共用部設備]として、暮らしに快適さと安心を供与し、雨の日でも濡れずに乗り降りができる「駐車場」、「バイク置場」に「駐輪場」/不在時でも確実に宅配物の受け取りができて便利な「宅配ボックス」/安心快適に人を運ぶ「エレベーター」/[その他の建物設備]として、建物の外部壁面部分に張り出した手すりつきのスペースの「バルコニー」、入居者用のゴミ置き場で、24時間対応の「敷地内ゴミ置き場」、各種テレビ番組や地上デジタル放送が楽しめる「CATV」に、快適にインターネットを楽しめる「光ファイバーによるネット環境」を設置し、日々使う場所だからこそ、暮らしをサポートする多くの設備に使い勝手に配慮した充実機能が、毎日の暮らしをより快適に演出します。

【室内設備】の[セキュリティ関係]では、鍵の複製が困難で防犯性に優れている「ディンプルキー」と、安心を約束してくれる「TVモニター付きインターホン」/[キッチン関係]として、収納戸棚や調理台にガス台、流し台などを組み合わせてひと続きのものとして作られた「システムキッチン」に、ガスを使って加熱する調理器具「ガスコンロ」/[サニタリー関係(洗面所・バス・トイレ)]として、冷めてしまった浴槽のお湯を温め直す機能が付いた「追い焚き機能付きバス」、衛生的で快適に使える腰掛け便器の「温水洗浄便座付トイレ」/[その他室内設備]として、玄関に設置された靴を収納する「シューズボックス」などと室内では、毎日の生活に嬉しいハイグレード仕様の設備も魅力です。

【交通アクセス】は、都営三田線の「御成門駅」から徒歩にて5分、JR山手線の「新橋駅」から徒歩にて7分、都営浅草線の「新橋駅」から徒歩にて7分、東京メトロ銀座線の「新橋駅」から徒歩にて7分、都営大江戸線の「汐留駅」から徒歩にて8分、と徒歩にて複数の駅・複数の路線を利用できる立地で、都内主要駅へのアクセス性が良く通勤・通学・買物など生活の足としての利便性に優れた好位置にあります。

【周辺環境】は、スーパーの「まいばすけっと」新橋5丁目店まで徒歩にて1分、

コンビニの「ファミリーマート」新橋5丁目店まで徒歩にて1分、ドラッグストアの「大黒堂薬局」まで徒歩にて約3分、など周辺に商業施設が充実しており、食料品・日用品から趣味のものまでマンション周辺で揃う住環境になっています。

御成門駅がある西新橋は、オフィスビルが建ち並び働く方には便利な街ですが、生活するとなるとミニスーパーやコンビニが主なため、主婦にとってはスーパーが限られる事は少々気になる点ではあります。

 

基本概要

物件特徴: ペット可

物件住所: 港区新橋5-31-5

総戸数: 39戸

交通: 都営三田線 『御成門駅』 徒歩5分
    JR山手線 『新橋駅』 徒歩7分
    都営浅草線 『新橋駅』 徒歩7分
    東京メトロ銀座線 『新橋駅』 徒歩7分
    都営大江戸線 『汐留駅』 徒歩8分

建物構造: RC造(鉄筋コンクリート)

建物階層: 地上15階

築年月: 2019年01月


カーサスプレンディッド虎ノ門新橋2

株式会社ModernStandard
宅地建物取引業免許番号:東京都知事(2)91130号
営業時間:10:00~19:00

【青山店】
住所:東京都港区南青山4-9-1 シンプル青山ビル2F
アクセス:東京メトロ「外苑前」1a出口から徒歩6分
フリーダイヤル:0120-9977-96

【銀座店】
住所:東京都中央区銀座2-11-2 銀座2112ビル7F
アクセス:東京メトロ「銀座一丁目」11番出口から徒歩1分
フリーダイヤル:0120-199-166

【新宿店】
住所:東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル3F
アクセス:東京メトロ・都営地下鉄「新宿三丁目」C1出口から徒歩2分
フリーダイヤル:0120-133-955


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.